アルツハイマー病の母と参院選

image

2010年7月11日の参院選挙は、朝から夏日、かなり暑くなった

実は、今回母とは、あまり選挙の話しをしなかったのである。
私が、政党や候補者の話しをしても母は、乗ってこなかった。
それでも母の機嫌は、悪くない。台所で食べ物の賞味期限をチェックしたり、お風呂場で手洗いの洗濯をしたり、こまめに動き回っている。

まあ、まだ暑いから、夕方になったら誘って投票に行こう。私は、そう考えながら、母を撮影していた。
時計が夕方の5時を指す。
母が、忘れているかも知れないと思い、再度投票に誘うとはっきり、きっぱりと

棄権をする。」と、言うではないか!

今回は、民主党に対しての失望感も強かったらしかった。
私は、そんな母をやや躊躇しながら撮影していたが、頑固な母のこと、説得出来ないと判断し、一人で選挙に行くことにした。

投票所内でも撮影を敢行した。
投票ブースの中で、候補者の名前が、ずらりと書いてある前に立った時初めて、もしかしたら母は、投票の仕方が分からなくなり、公の場所で私に聞きたくなかったのではないか、と思い当たった・・・

 

ドキュメンタリー映像作家 関口祐加 最新作 『此岸 彼岸』一覧

 [この動画を最初から視聴する]

関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”

関連タグ: