【動画48】アルツハイマー病の母、息子の帰豪に驚く

遂に息子の父親が、シドニーからやって来る日が、きた。息子と私は、夕方、横浜エアー•シティ•ターミナルまで、迎えに行く事にしていた。

しかし、母は、母のマンマ、いつものように昼になっても起きてこない。

ここ数日間、忘れるだろうな、と思っても、母に息子が、シドニーに戻る事を繰り返し、繰り返し、告げていた。まるで、医者が、患者に<告知>するようにー。

1月19日の昼食も同じだった、いや、違ったのは、撮影をしたことだった。しかも、息子も何気なく、カメラを持ち、母を撮影することに協力してくれたのである。

息子は、ここのところ、セカンド•ユニットの撮影班のようだった。

image母が、ようやくテーブルにつき、私は、母に息子が、オーストラリアに戻る日が、近づいていることを告げる。

驚愕する母。

息子は、あくまでもクールに振る舞い、母と息子は、カメラの前で黙々と私が作ったスパゲッティー•ミートソースを食べる。

いや、これは、私の書いたシナリオでは、ありません。実際に、撮影出来たシーンなんです!

 

ドキュメンタリー映画監督 関口祐加 最新作 『此岸、彼岸』一覧

[この記事を第1話から読む]

 

関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”

関連タグ: