image

第106飯「ウィーン風ステーキ フライドオニオンのせ」

■材料

牛ステーキ肉 200g×2枚
塩・胡椒
牛脂 又は サラダ油

玉ねぎ 250g
小麦粉 適量

<ソース用>
小麦粉     大さじ1
ビーフブイヨン 150cc(固形のビーフブイヨンを溶かしたものでよい)
バター     20g

ピクルスを付け合わせに

 

■作り方

① 玉ねぎをスライスし、30分水にさらし、キッチンペーパーで水気をとり小麦粉をまぶす。

 

image

② 180度の油でこんがりきつね色になるまでじっくり揚げる。多少時間がかかりますが根気よく待ちましょう。

 

image

③ 肉の筋を切り、肉をたたき塩、胡椒をし両面にしっかり小麦粉をまぶす。

 

image

④ フライパンで牛脂(サラダ油でもよい)を熱し、肉を入れ焼き色が付いたらひっくり返す。反対側も同様に焼き色が付いたら、アルミホイルに取り出し、包んで保温する。中はロゼ色が美味しい。

 

image

⑤ 肉を取り出したフライパンに、小麦粉大さじ1を入れダマにならないようヘラで素早く、油となじませていく。

 

image

⑥ そこにビーフブイヨンを加えヘラで混ぜながら煮立たせる。

 

image

⑦ 火を止めバターを溶かす。そこに肉を戻しホイルに出た肉汁も加え、肉を返し両面ソースをなじませる。

 

image

⑧ 肉を皿に盛り付け、残ったソースを上からかける。その上にフライドオニオンを肉が隠れるくらいたっぷりのせ,軽く塩をふる。付け合わせにはピクルスを。

 

image

image

 

レシピを紹介したエッセイは、
辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>で公開中!

関連タグ: