image

第125飯「鯛の桜蒸しごはん」

■材料(4人分)

桜の花の塩漬け 15~20g(市販のもの)

米       1合半

鯛       2切れ

 

■作り方

① 桜の花の塩漬けは茎を持って余分な塩を落とし、ご飯に混ぜる分は茎の部分をカットする。この時振り落とした塩は鯛の下味用にとっておく。

 

image

② 鯛は骨があれば取り、調理をする6時間位前に身の方に①の塩を軽くふっておく。

 

③ 炊き上がったご飯に桜の花を8~10g塩加減をみながら花をほぐし混ぜる。

 

image

 

④ 蒸し器にクッキングシートを敷き、食べやすい大きさに切った鯛を皮目を上にして並べ、残りの桜の花の塩漬けを乗せて火が通るまで蒸気が上がってから約5~6分中火で蒸す。

 

image

 

⑤ 器に桜飯を盛り、その上に④の鯛を(桜の花を乗せたまま)盛り付ける。

 

image

image