3週に渡ってお届けしているチェンマイのホテル『ラリンジンダ・ウエルネス・スパ・リゾート』
今週は名前にもある『スパ』についてご紹介します。

ラリンジンダのスパには『こだわり』を感じられる瞬間がたくさんあります。それはホテルのオーナーがタイ国内でスパのお店をいくつか経営しているから。

その証拠としてあげられるのが設備へのこだわり。
ハイドロセラピータブデトックスマシーンはチェンマイのスパではラリンジンダにしかないそう。
(ちなみにすごーーーーくお高いものだとか)

image

メニューはオーソドックスな古式マッサージからパッケージまで約20ほど。
『ラリンジンダ』はバンコクにもお店がありますが、チェンマイのほうの特徴として、
インド医学のセラピストからカウンセリングが受けられるメディカルスパであることです。
(宿泊者は無料でカウンセリングが受けられます)

広いロビーでメニューを決めたらトリートメントルームへ移動します。
どの部屋も広々としていて開放感を感じられます。
ピン川やドイステープ山が眺められるお部屋もあります。ジャグジーにつかりながら絶景を楽しむことも可能。
うーん、この贅沢感は日本では簡単に味わえないものですよね。
ちょっと年配の(失礼!)セラピストたちからも技術の安定感を期待することができます。
image

技術、設備、雰囲気の3拍子がそろったラリンジンダのスパ。
コストパフォーマンスの良いスパであることは間違いないです。

ゆっくりと時が流れるチェンマイで本物の癒し体験ができることでしょう!

あ、肝心な部分を忘れるところでした。こちらのスパ、バンコク&チェンマイともに、
2009年度アジアンスパ&ウエルネスで『金賞受賞』、『ベストデイスパ』に輝いています!!

※(『タイスパ三昧』にも記事が出ています。参考にされてみてください。)

ラリンジンダ・ウエルネス・スパ・リゾート
住所:14 Charoenraj road,T.Wat Kate,A.Muang
電話:(日本から)+66-53-303030
E-mail: info@rarinjinda.com /(予約)rsvn@rarinjinda.com
HP:http://www.rarinjinda.com