ご存知のように、私たちは「想像力」という素晴らしい力を生まれながらに持っています。実はこの「想像力」を上手に使うか、下手に使うかで幸運体質にも、不運体質にもなるのです。でもあなたは、ひょっとしてこう思われるかもしれませんね。「そんなこと言われても、私はもともとあまり想像力がないし……」と。でも、それはあなたの勘違いですよ。もともと想像力がないのではなく、そうした能力が自分の中に潜んでいるのに、それをうまく引き出していないだけだと、私は確信しています。自ら想像力を働かせるように心がけることで、想像力豊かな人に変わっていけるのですよね。

ではいったい「想像力を上手に使う」とは、どういうことでしょうか。これは一言で言えば、「楽しく幸せな想像をする」ということです。以前に、「願いが叶って喜んでいる自分を想像することを繰り返すと、それが潜在意識に入って、願いが叶う方向へと運気が動いていく」というお話をしたことがあります。これがまさに、「想像力を上手に使う」ということなのです。

つまり、楽しく幸せな想像なら、内容はどういうものでもかまいません。くつろいでいるときなどに、楽しく明るく、想像の翼を広げていく習慣をつけてしまいましょう。場合によっては、童話のような可愛く楽しいお話を頭の中に繰り広げてもいいですよ。要は想像力を駆使して、明るさと幸せで心を満たすことが大切なんですね。

たいへん不思議なことですが、想像を巡らせたことは、それを繰り返すことによって、まるでそれが生きているかのように現実化していきます。繰り返すことによって、次第にそれが真実であるように自分でも思えるようになって、やがてそれが現実になるんですね。明るく楽しい想像をすれば、運気は幸運な方向へ。暗く悲しい、恨みに満ちた想像をすれば、運気は悪い方向へと現実に動いてしまいます。これが想像力の上手な使い方、下手な使い方ということなのです。

さあ、今日からは幸せな想像を心に繰り返すようにしてくださいね。始めのうちは うまく想像ができなくなくても、あきらめずそれを繰り返していると、次第に想像の世界が広がっていくようになりますよ。それとともに、あなたは幸せを呼び込める体質へと変わっていくはずです。