前回から少しかたちを変えて、12星座別(西洋占星術)に「幸せの法則」のお話しをはじめました。内容としては、星座の人間関係が中心になります。今回取り上げる牡牛座を例に引きましょう。あなたが牡牛座である場合と、相手が牡牛座である場合の両面からお話をします。牡牛座の相手の場合は、それが男性であっても女性であってもいいようにご説明します。ただし、この「12星座の交際術」では恋愛はあえて度外視した、一般的な人間関係のお話です。この星座は人に対してこのような傾向があるので、このようにすると人間関係が円滑になり、幸せを呼び込むことが出来るといった内容です。ぜひ参考になさって、幸せな人間関係を築いてくださいね。なお、「12星座の恋愛術」に関しては、「交際術」が終わった後にお話ししたいと思っています。

★あなたが牡牛座(4月21日~5月20日生れ)の場合
牡牛座は火、地、風、水の4つのエレメンツの中で「地」に属する星座。大地のようにどっしりと落ち着いたところがあります。「動」よりは「静」の性格を持ち、スピーディーに事を運ぶのはちょっと苦手です。そのかわり堅実的で思慮深く、誰よりも忍耐強く物事を進めていけます。「ウサギとカメ」のカメさんのように、最終的には成功を勝ち取ることができるタイプとも言えますね。

人間関係においては、牡牛座はとても穏やかで、めったに人と争うようなことはしません。あなたは周りの人をやわらかく包み込むような笑顔の持ち主で、「一緒にいるとホッとする」と言われることも多いはず。つまり、あなたは自分ではあまり意識しなくても、癒し系タイプなのですよね。良い聞き役になれるのも長所です。

ただ、いざ自分自身が意見を述べる段になると、引っ込み思案で恥ずかしがり屋さんの面が現れてきます。「こんなことを言ったらずうずうしいのではないか。相手に失礼に当たらないか」などと、考えすぎる傾向もあるんですね。そのため、自分の意見がしっかりありながら、それがはっきり言えずに、「意見やポリシーがない人」「頼もしさに欠ける」などと誤解されることも多いのです。

対人面においてあなたが最も必要なことは、もっと自分自身を強く打ち出すことですよ。「私はこう考えています」と自分の考えや望みなどをはっきり話すようにしましょう。「ずうずうしいのでなないか……」などと遠慮する必要はありません。あなたの場合はむしろ、ずうずうしいぐらいでちょうどいいのです。ソフトなムードが持ち味の牡牛座さんですから、はっきりものを言っても無遠慮には決して見えません。「こんなにしっかりした考えの持っているとは!」と、相手が嬉しい驚きを感じながらあなたを見ますよ。そして、やがて人に引き立てられ、新たな運も開けてくるようになるでしょう。

★相手が牡牛座(4月21日~5月20日生れ)の場合
今お話ししたように、牡牛座は癒し系のタイプです。あなたが疲れたとき、傷ついたとき、希望を失ったときに、一番のグチの聞き役になってくれるのは、牡牛座の人です。根気よく耳を傾けたくれて、的確に励ましの言葉もかけてくれます。誠実で口も堅く、あなたから打ち明けられたことをあちこちにしゃべり歩くようなこともないはずですよ。言うまでもないことですが、人間は弱く、決してひとりで生きていくことはできないもの。誰かに甘えたいと思うときは必ずあります。牡牛座はそうしたときにあなたの心を優しく抱きしめてくれる、貴重な存在なのです。特に年上の牡牛座の人は、あなたの良き相談相手になってくれると言えますね。

ただ、知っておかなければならないのは、牡牛座は外柔内剛型で、表面はソフトでも意外に頑固な面を持っていることです。何かをお願いした場合、十分納得した上でないと、引き受けてくれない傾向があります。ニコニコうなずいて聞いてくれているからOKだと思ったら、断られたといったことがけっこうあります。自分の意見をあまり積極的に話さないので、一見、人の言いなりになりそうですが、決してそうではありません。甘く見ると失敗する、説得が難しいタイプなのです。お願いをするときは、牡牛座さんが納得するような丁寧な説明と、誠実な態度が必要ですね。

また、大らかである反面、プライドも高く、自分を軽んじるような言葉や態度、礼儀に反することは何よりも嫌い。公共のエチケットなどにもけっこううるさいタイプです。牡牛座さんと上手にお付き合いするには、これらのことも忘れないようにしましょう。

なお、ごく親しくなると、牡牛座は意外に子供っぽい面やワガママな面を見せるようになります。でも、それは可愛いワガママの範囲内。頑固とは言っても素直なところも併せ持っていますし、自分がワガママであることも自覚しています。そのワガママを優しく指摘すれば、すんなり謝って態度を改めますよ。

以上、お話しした長所と短所をよくわきまえて牡牛座さんと交際してみてください。一生のかけがえのない友として、素晴らしい関係を続けることが出来るでしょう。

関連タグ: