【ポップな心霊論】「塩ひとつまみでできる生き霊チェック」
(イラスト:マユボンヌ)

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(28)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【自宅でできる生き霊チェック教えます】

 

心霊相談のなかで「自分に生き霊がついているかどうか知りたい」と聞かれることがよくあります。そこで今回は、自宅でできる生き霊チェック方法をお教えします!

 

やり方はとても簡単で、湯船にひとつまみの塩を入れてつかるだけ。お湯に入った瞬間、全身の毛穴がぶわっと開くような感覚がしたら、何か悪いものがついている可能性が高いです。

 

その場合は、近所のお寺や神社を定期的にお参りしてください。みなさん外出自粛中だと思いますが、散歩やジョギングの機会に立ち寄るといいんじゃないでしょうか。たまの運動は健康にもいいですしね。

 

毎回、おさい銭を用意する必要はないと思いますが、欲を出しすぎないことが大切です。とにかく悪いものだけ取り除いてほしいとお願いすれば、徐々に生き霊は離れていくはずです。

 

ところで、このチェック方法には注意点があって。ひとつは、お湯に入るとき、平常心を保つこと。「何かついてたらどうしよう」と怖がりすぎると、その恐怖心で毛穴が開いてしまうので。それから、入れる塩は必ずひとつまみにすること。入れすぎると、排水管がさびちゃいますからね(笑)。

 

【お知らせ】

はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

 

「女性自身」2020年5月12・19日合併号 掲載

関連カテゴリー: