女優の観月ありさ(32)主演のTBS系の新ドラマ『おひとりさま』(16日スタート、金曜午後10・00)の制作発表が13日、東京・砧の東京メディアシティで行われ、観月のほか、WaTの小池徹平(23)、女優の真矢みき(45)らが出席した。彼氏をつくる間もなく、何でも一人でやってのける30代“おひとりさま”の教師(観月)と、草食系男子で10歳年下の臨時教師(小池)の格差恋愛ドラマ。観月は「最近は子どもがいる役や主婦役が多くて、恋愛ものは久しぶりなので楽しみたい」とやる気満々。役柄と同様、自身も30代独身だが「まだひとりの時間を楽しみたい。家庭を持つと、ひとりの時間が少なくなるので」と“おひとりさま”継続を宣言した。一方、昨年結婚し“おひとりさま”を卒業した真矢は「振り返ると“おひとりさま”も充実していて良かったなと思います。あっ、でも変な記事は書かないでくださいね(笑)今も充実しております」と笑わせた。(撮影:加治屋誠)

関連タグ: