視聴率がいまひとつ伸び悩んでいるNHK大河ドラマ『平清盛』。今月12日放送回では13.3%という最低視聴率を記録したが、さらに現場の空気を凍りつかせているのが“大河女優たちの場外バトル”だという。

ドラマ上で、鳥羽上皇(三上博史)をめぐって三角関係を繰り広げる2人の妻、璋子と得子。璋子役の檀れい(40)はライバル得子を演じる松雪泰子(39)と“不穏”な関係になっていた。

「年齢では檀さんのほうが1歳年上ですが、芸能界では松雪さんのほうが先輩。本来なら檀さんから挨拶するのが筋なのに、松雪さんが挨拶に出向いています。檀さんには、みなさん自分から挨拶に行っていますけど(笑)」(NHK関係者)

そんななか、現場スタッフを凍りつかせる事態が勃発していた。

「撮影当初、松雪さんのかつら姿を見た檀さんは、『その姿がどうにも似合っていない。あなたもそう思うでしょ。なら、自分からスタッフに言わないと直してくれませんよ』と松雪さんに面と向かってくぎをさしたそうです」(前出・NHK関係者)

年齢では1つ下の松雪だが、芸歴では松雪の方が先輩にあたるが……。

「以前から親交があり『いつか一緒にやりたい』と話していた間柄のようですが、これには松雪さんもカチンときたみたいですね」(前出・NHK関係者)

関連タグ: