5月10日、都内で、大正製薬の『リポビタンD』発売50周年記念記者発表会が行われ、プロ野球ソフトバンク王貞治球団会長(71)や俳優の宝田明(78)タレントのケイン・コスギ(37)ら、歴代イメージキャラクターが登場した。

1963年から10年間CM出演した王は、迫力ある素振りのシーンを撮影した現役時代のCM映像に「昔の映像を見て懐かしく思いました。いま見てもいいスイングしてるなあ。若い人にも見てもらいたい」と自画自賛。撮影は巨人の宮崎キャンプ中に行われ、「スタッフの人が2、3週間来て撮影。今のタレントでは考えられないでしょうね。練習後に撮影し、練習休みの日は朝から晩までやった」とハードスケジュールだった裏話も告白した。

イベントでは、歴代CMで登場する掛け声、「ファイト一発!」に引っかけて午後1時8分2秒に、渡辺裕之(56)宍戸開(45)の両俳優ら8人が「ファイト、一発!」と叫んで50周年を祝福。

最後に今回のイベントの発起人となった渡辺は「密かにCMのオファーを待っています。自分には一つ夢があって、ここにいる全員が協力して、最後にみんながファイト一発をするというのをやりたいと思っています」と期待を込めていた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: