「井浦新さん(38)や相武紗季さん(27)は1次会が終わった段階で解散しましたが、石原さとみさん(25)はほとんど最後まで残っていました。翌日も仕事と聞いていたので、かなり意外でしたね」(ドラマ関係者)

9月17日午後8時、月9ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系)の打ち上げが都内のダイニングレストランで行われた。IT企業社長役の小栗旬(29)のヒロイン役を演じた石原さとみは、両肩をあらわにしたSEXYドレスで登場。彼女は翌日、ゼスプリ「キウイ会」の発足イベントに出席する予定だったが、9時間に及ぶ打ち上げが終わりにさしかかった午前4時まで参加していたという。

「1次会ではドラマの最終話が放送され、小栗旬さんとのキスシーンでは大いに盛り上がっていました。小栗さんはいつもと違う彼女の姿に見とれていましたね。ドラマ放送の最後には、盛大な拍手が起こり、石原さんは目に涙を浮かべていました。2次会にも自ら参加を申し出てくれたようで、スタッフも大喜びでした」(ドラマ関係者)

なぜ石原は無理を押して、ここまで残ったのだろうか。芸能関係者によると、石原は無類のカラオケ好きで、この日も2次会がカラオケだと聞いてテンションが上がったようだという。歌いこそしなかったが酒がどんどん入り、上機嫌で歌う小栗の歌を楽しそうに見ていたそうだ。だが、理由はそれだけではない。そこには小栗社長への”感謝の念”があったようだ。

「現場では、小栗さんが石原さんを何度も食事に誘うなど、かなり打ち解けていたみたいです。彼女の名前をもじって”さとみるく”と呼ばれていたくらいですからね。2人の仲のよさは撮影にもよい影響を与え、本番でもアドリブが飛び交うなど息ピッタリでした。それだけに、別れが名残惜しかったのでしょう」(ドラマ関係者)

小栗は打ち上げなどでは朝まで飲む姿がたびたび目撃されるなど”長丁場”で知られている。社長に付き合い”最後の奉公”を終えた石原。翌日には、元気な姿でイベントに出席する”有能”ぶりを見せていた。