12月1日、都内で映画『ホビット 思いがけない冒険』のジャパンプレミアが行われ、出演者たちと監督が登場した。同作は、映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを手がけたピーター・ジャクソン監督(51)が新たな3部作。同シリーズの60年前を舞台にしている。

ピーター・ジャクソン監督は集まった2000人のファンを前に「日本は世界で一番素晴らしい歓迎をしてくれる国。大好きです!」と大興奮。また、『ロード~』シリーズに続きフロド役を演じるイライジャ・ウッド(31)も「日本は何度来ても素晴らしい。東京大好きです!」と笑顔で挨拶した。

フロドについても「今回の出演はタイトルどおり“思いがけない”ことでした」と話し会場を沸かせた。

※映画『ホビット 思いがけない冒険』12月14日よりロードショー

(撮影/桑原靖)