「理子は妊娠で10キロ近く体重が増えていましたが、出産後すぐ元に戻ったみたいです。子育てが相当忙しいみたいで『食事をする時間もない。冷えたご飯を食べられるだけでもラッキー』と言っていました」(所属事務所関係者)

11月5日に長男・理汰郎くんを出産した東尾理子(37)。あれから1カ月、初めての子育てに苦戦中のようだ。妊娠中からお世話になっている助産師の先生にアドバイスをもらっているという東尾。毎年、結婚記念日(12月12日)には夫の石田純一(58)さんとドレスアップして外食するのが恒例だったが、今年は家族一緒に自宅で過ごしたという。

「そんな状態でも、彼女は『子育てが楽しくて仕方がない』と漏らしていました」(前出・所属事務所関係者)

気になるのは、彼女の今後だ。「女性自身」5月29日号で、東尾はこう語っている。

《実は、凍結胚はもう1個、残っています。まだ、お腹の赤ちゃんのことも実感がわかないくらいですから、いま、具体的には考えられませんけど、いつか絶対にお迎えに行って、お腹に戻そうと思っています》

二人目について、そして復帰について、前出の所属事務所関係者はこう明かす。

「長男出産後もやはり2人目は欲しいと言っていますね。以前から『凍結している受精卵を迎えに行かなきゃ』と話していますので、理太郎くんの子育てが落ち着いたら、受精卵をお腹に戻し、第2子出産に挑戦することになるでしょう。本格的な仕事復帰の時期は、来年2月ごろになるみたいです」

関連タグ: