“元祖巨乳アイドル”として一世を風靡した細川ふみえ(42)。彼女は07年11月に元不動産会社社長(50)と結婚。“不倫略奪できちゃった婚”と騒がれ、同年12月に長男を出産した。しかし、夫の経営する会社が倒産し、巨額の負債を抱えたこともあって、2年後の09年12月に離婚している。その後は借金取りにおびえる生活が続いていると報じられたこともある。公の場から姿を消して1年8カ月。いま細川はどんな日々を送っているのか――。

 9月中旬、都内の自宅マンションから、自転車で5歳の長男を保育園に送り届けた細川を直撃した。
「(元夫が)お金を返せてはないんで、危うい状況は変わっていないんですが……。離婚してしばらくは、しつこく私のところにも嫌がらせのメールが届いて。恐ろしいし、息子にも影響が出てはいけないと警察に届けようかと思い詰めた時期もありました。 でもいまは、そういう嫌がらせはやっとなくなって…」

 地獄のような日々を乗り越えたいま、2年間の結婚生活についても、次のように振り返る。マスコミに自身の口で語るのはこれが初めてだ。
「私ね(目を潤ませて)、自分の仕事を応援してくれる人がほしくて、元夫と親しくなったんです。最初は本当に結婚を考えていませんでした。奥様もあちらにはいらっしゃいましたからね。だから『別れてほしい』なんて思ってなかったし、言ったこともない。だけど、プロポーズされて、子供がお腹にできて……。世間からは“打算的な汚い女”と、いまでも思われてるんでしょうね…。それでも私、結婚生活を経験できて、相手の名字でも呼ばれて、すごく良かったです(笑)。『ああ、結婚ってこういうものなんだ~』って思えたし、すっごい幸せな気分を味わえた気がしたんです」

 短かった新婚時代を“幸せだった”と、懐かしそうな表情で口にする。とはいえ、経済的には当時から大変な思いをしていたという。
「豪華なマンションに住まわせてはもらえましたが、当時、じつは生活費は1円ももらってませんでした。生活費は私が全部、工面していました。だから、お金持ちだったから結婚したんじゃないんです。彼の人となりを信じて、結婚したつもりでした」

 慰謝料も養育費も貰わずに離婚したと報じられたが、いま生活費はどうしているのか。
「預貯金を切り崩している?はい、そうですね。長くお仕事させていただいていた間に貯めたお金や、『バスロマン』のCMでいただいたお金も、いまはすごく助かっています。なるべくお金を使わずに頑張っています」

 今後、芸能界に復帰する予定はあるのか聞いてみた。
「やっぱりお金のことは心配は心配ですし、これからどうしようか、考えているところなんですよ。でも、息子のためには落ち込んでなんかいられないし、泣いてなんかいられない。芸能界復帰を目指して『頑張らなくっちゃ!』って思うんですよね」

 ブランクを一気に埋めるかのように、初めて胸中を惜しみなく語った細川。“復活の日”に向けて、シングルママの奮闘は続くーー。

関連タグ: