image

昨年9月28日、ファンたちを悲嘆のドン底に突き落とした福山雅治(47)と吹石一恵(33)の結婚。結婚報道直後には、奈良県にある吹石の実家にも多くのマスコミが押しかけた。

 

そこで本誌記者も7カ月ぶりに実家をたずねてみたところ、なんと以前の家は取り壊され、新しい家が。黒いシートに覆われており、建築中の様子だった。

 

「2月に入って突然、古い家を取り壊す工事が始まったんです。しばらくして新しい家の建設工事に入りました。一恵さんのお父さんの意志で建て替えていると聞いています」(近所の住人)

 

工事中、吹石の両親の居場所を聞こうと、近所の祖父母宅を訪ねてみた。すると、出てきたのは吹石の両親だった。

 

――娘さんの新婚生活は順調ですか?

「それに関してはいっさいお話しできませんので……」

 

そう答えながらも、何か言いたげに明るい表情を時折見せていた。娘が福山を連れて実家に帰ってくる――。その日のために、両親は実家の再建築まで行っているようだ。

 

ここ1年で起きた芸能人の“結婚ラッシュ”だが、吹石同様、その新婚生活の内情が語られない夫婦も少なくない。その一人が、福山夫妻とまったく同じ日に18歳年下の一般女性と結婚したお笑い芸人の千原ジュニア(42)だ。

 

ジュニアはひとり暮らしをはじめて26年間、女性との同棲は1度もしたことがないという。本誌記者は4月下旬、実家から出てきたジュニアの母親を直撃した。母親は息子の新婚生活について嬉しそうに答えた。

 

「まだ直接会っていないんですが、テレビを見ても息子は幸せそうで、安心しています。結婚する前も、してからも変わらない様子で……。奥さんからは私の誕生日に、『お母さん、お誕生日おめでとうございます』というメールをいただきましたよ」

 

出しゃばらないという気持ちも見せつつ、母親らしい“願望”も口をついた。

 

「時間が空いたときでも2人で顔を見せてくれたら、それ以上嬉しいことはありませんよ」

関連タグ: