image

 

58年に創刊され、多くの芸能人が登場してきた『女性自身』が2800号をむかえた。彼らは今、何をしているのか。“意外なその後”を大追跡!

 

同性愛を暴露され、87年に芸能界を離れた佐良直美(72)。現在は栃木県内で家庭犬のしつけ教室を運営している。

 

70年代にドラマ『ありがとう』(TBS系)などで彼女を女優として起用したのが石井ふく子プロデューサー(91)。

 

「彼女は引退したように思われているけど、今もテレビドラマのテーマ曲やBGMを作っているから調べてごらんなさい」(石井さん)

 

その言葉どおり、佐良は10年に新曲『いのちの木陰』を27年ぶりにリリース。今年も石井の誕生日に上京し、パーティで自慢ののどを披露したそう。

 

もともと実業家のお嬢さまでもあり、大量の株を保有して生活に不安はないようだ。