「きっかけは、さんまさん司会の今年の正月特番『あんたの夢叶えたろかSP』(TBS系)でした。夢を聞かれた出川さんは『僕の番組にさんまさんが出てくれること』と語り、『踊るさんま御殿』(日本テレビ系)でも繰り返し話した。20年来の付き合いになるさんまさんは、それを義理堅く覚えていたんです」(番組関係者)

 

7月14日に放送された出川哲朗(54)初の冠番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』。明石家さんま(63)が34年ぶりにテレビ東京に出演した話題性もあり、番組最高視聴率13.2%を獲得。

 

「高視聴率番組『さんまのサタデーナイトショー』を突如打ち切られたさんまさんは激怒。以来、テレ東には出演しませんでした。今回、出川さんに『どうしたら出演できるの?』とメールを何度も送ったそうですが、全然返信がない。それで、会った時に聞いたら出川さんも『え!来てません!!』と。さんまさんが携帯を確認すると、送信メールが全部エラーになっていたと判明。さんまさんの意気に感激した出川さんがすぐ番組側に話したんです」(テレビ局関係者)

 

00年代の出川といえば、芸風が災いして女性誌『an・an』の“嫌いな男ランキング”で5年連続1位に選ばれ殿堂入りしていた。

 

「05年、『恋のから騒ぎ』で『将来は二流芸能人で適当に暮らしたい』と話した女性に、さんまさんが『たとえば?』と聞くと、『出川哲朗!』と。さんまさんは急に真剣な表情になって『出川は一流や!』と言い切った。それをテレビで見ていた出川さんは号泣。この言葉を心の支えに無我夢中でやってきたそうです」(演芸関係者)

 

いっぽうのさんまも、7月7日放送のラジオ『ヤングタウン土曜日』(MBS放送)で「出川には恩義を感じている」と明かしていた。『27時間テレビ』(フジ系)内でさんまがその年気に入った10人の美女を紹介する人気企画「ラブメイト10」で、出川が美女を2人も探し出してくれたというのだ。

 

「『駒沢通りで自転車に乗ってた女のコ、好き』とか言うやんか。アイツ、何日も夜、立って『さんまさんとすれ違ってませんか?』って。そうやってアイツ2人見つけとる。テレビ局やないねんで!」

 

別のテレビ局関係者は言う。

 

「『踊る!さんま御殿!!』の歴代出場回数1位は出川さん。今の人気に内心いちばん喜んでいるのは、さんまさんだと思います」

 

出川の運命を変えた、13年前のさんまのエール。今回の共演終了後、「さんまさんにはメリットがないのに……」と、さんまへの感謝の言葉を繰り返していたという。