手に汗握る錦戸亮と小雪の演技合戦 激動の『トレース』6話

2月11日、錦戸亮(34)主演ドラマ『トレース 科捜研の男』(フジテレビ系)の第5話が放送された。科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸)と新人研究員・沢口ノンナ(新木優子)が、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)と共に事件の“トレース”(痕跡)から真相を追求するドラマ。

 

ある日、真野に正体不明の男から「君のお兄さんのことで話がある」と電話がかかるとこから物語はスタート。指定された場所で待ち続けるも、結局男は現れずじまいだった。そんななか、河川敷でホームレス男性の変死体が発見される。肺や鼻の奥に液体は残っているものの、体には濡れた痕跡はないという不可解な溺死体だった。

 

被害者の新妻は、高校3年生時のある時を境に失踪していた。また現場からは、古い血液が付着した軍手も発見されていた。いつものように科捜研に臨場を依頼する虎丸だが、科長の海塚(小雪)は珍しく真野ではなく英里(岡崎紗絵)に任せようとする。だが英里を気遣う男性陣の声もあり、結局は真野とノンナの担当となる。

 

鑑定の結果、液体からは水道水と錆が検出される。また軍手には“鑑定した跡”にも見える複数の穴が。そして血痕から被害者とは別の身元不明男性1人と女性2人の存在も浮かび上がってきた。

 

また臨場へと向かった真野たちのもとに、新妻の高校時代に担任を務めた早川(萩原聖人)が現れる。「新妻が失踪した理由は、親友が家族を刺殺。そして自殺したことにショックを受けたからだ」と語る早川。その親友とは、25年前の「武蔵野一家殺人事件」で真野の家族を殺害したとされる兄・源義一のことだった。

 

採取した水道水から錆は検出されず、遺体に残っていたものと不一致。捜査は暗礁に乗り上げる。だが虎丸はホームレス仲間の裕福な暮らしぶりから、彼らを不審がる。その様子に気づいた真野も元締めの部屋へ忍び込み、冷蔵庫から氷を入手。だがホームレス集団に見つかり、暴行を受けてしまう。

 

だが早川に助けられ、真野は難を逃れる。そして彼が源義一の弟だと知った早川は「新妻は義一の親友ではなく、彼をいじめていた主犯だった」と告白した。

 

いっぽう真野への暴行をきっかけに、虎丸はホームレスたちを逮捕。そして彼らが“生活保護でもらった薬を転売して稼いでいたこと”を突き止める。また真野が持ち帰った氷を鑑定した結果、遺体に残っていた液体と一致。新妻は向精神薬の併用で朦朧としたなか、氷を喉に詰まらせた窒息死として処理されることとなった。

 

その結果を珍しく受け入れる真野に、戸惑う虎丸とノンナ。だが真野は25年前の事件との関連を疑い、ひそかに調査していた。そして早川から「事件当時に新妻が警察から事情聴取を受け、指紋提出を求められていた」と聞く。そのことから、殺害現場に兄以外の不審人物がいたことを知るのだった。

 

さらに25年前の捜査に海塚が関わっていたことをノンナから聞いた真野は、海塚と接触。自身が源義一の弟であること、そして軍手に残された血痕と殺害された親族とのDNA鑑定を行うと宣言して立ち去る。すると海塚は研究所を訪れ、真野のパソコンを触りDNAデータを改ざんしようとする。だが予想していた真野は、先回り。すでに鑑定を済ませていることを海塚に明かす。観念した海塚は、真野に真実を話し始めた。

 

当時の科長・藤田とともに捜査にあたっていた海塚だが、途中で上層部から全ての捜査資料を提出するよう命令される。軍手に鑑定したような跡があったのは、そのためだった。そして改ざんされた鑑定書を押し付けられ、操作は打ち切りに。だが10年前に藤田が亡くなった際、海塚は妻からある資料をもらう。

 

その資料とは、藤田が改ざん前のデータをひそかに記録していたものだった。だが上層部からの圧力により真相には辿り着けないと考える海塚は、真野に苦しんでほしくないと考えて真相を隠そうとしていたのだ。しかし真実を追い求める真野は、そのノート持って去っていくのだった。

 

ようやく、真野の“陰惨な過去”の片鱗が見えてきた第6話。真野だけでなく、海塚や早川といったこの事件に関わる関係者の苦悩が丁寧に描かれていた。真実を隠してきた海塚と真野が対峙するシーンは、《緊迫感がすごい……》《表情のちょっとした変化もずっと涙堪えてる感じも凄くすごくよかった…!》と視聴者の心を鷲掴みにしていた。

 

最後には藤田のノートにより、真野の姉が実は妊娠していたことが明らかに。さらには今回の事件資料を見て不敵に笑う刑事部長の壇(千原ジュニア)が登場するなど、まだ明かされていない真実の欠片も徐々に姿を現し始めている。また1つギアの上がった本作から、ますます目が離せないだろう。

関連カテゴリー: