嵐の新国立ライブが延期発表 中止避けた判断にファン安堵

新型コロナウイルス感染拡大のため、 5月15日、16日に開催を予定していた嵐のコンサート「アラフェス 2020 at 国立競技場」の延期が決定した。14日、ジャニーズ事務所のサイト「ジャニーズネット」で発表された。

 

嵐は08年から13年まで6年連続でライブを行うなど、旧国立競技場で計15公演を開催。新国立では、同公演が単独アーティストとして初めてのコンサートとなる予定だったが、年内でグループとしての活動休止を発表しているだけに、年内にも開催するとみられる。

 

これを受け、メンバーたちは会員制ファンサイトの動画でコメントを発表。櫻井翔(38)は「コロナウイルス感染拡大防止のため、断腸の思いではありますが、安全を確保するため、延期とさせて頂くことになりました」と話した。

 

「緊急事態宣言は5月6日まで出されているが、そこまでは準備もままならない。わずか10日あまりで準備を進めるのはかなり難しく、2日で16万人規模の動員となればコロナの感染リスクが高過ぎる。延期の判断はやむを得なかった」(レコード会社関係者)

 

今回の決断をファンたちも支持。

 

ネット上では《大きな決断をありがとう!中止じゃなくて良かった》《休止までに開催できることを祈っています》《安全のため仕方ない》《当然。何万人もの安全、命が最優先されるべき》などの声があがった。

関連カテゴリー: