土屋太鳳が大学8年生で奮闘 仕事休止で学業専念が奏功か

《8年生で卒業がラストチャンスなのでがんばってはいるのですが…》

 

こうInstagramにつづったのは土屋太鳳(25)だ。大学8年生の彼女は6月16日、仕事が再開されるいっぽうで大学のオンライン授業を受けていると報告。レポートの期限が重なっており苦心しているようだが、《周りの人からパワーをもらいながら がんばってます》とつづった。

 

「土屋さんは現在、体育大学で舞踊学を専攻。演技に活かすため、身体や表情での表現を学んでいます。実技が中心のため、単位を取るには授業への出席が肝心。ですが、朝ドラ『まれ』(NHK総合)の撮影が始まった14年ごろから欠席が増え、留年が重なってしまったようです」(学校関係者)

 

土屋は18年11月、参加したイベントで「先生方が心配してくださってるので、しっかり卒業できれば」と決意を語っていた。

 

「多忙な日々を送る土屋さんですが、大学での授業が大好きなんです。学内公演の際、『舞踊学専攻は私にとって誇りです』とも語っていました。もともと負けず嫌いで、投げ出すこともイヤな性格。友人には『何としても大学を卒業する!』と話していたそうです。新型コロナウイルスの影響で出演舞台が延期となりましたし、一旦女優業をストップしたことで、学業に専念できる時間が増えたようです」(前出・学校関係者)

 

4度目の留年という苦渋の決断をし、女優業との両立に奮闘する土屋。Instagramの投稿は7.8万もの“いいね”を記録し、コメント欄にはこんなエールが上がっている。

 

《太鳳ちゃんの何事も真摯に向き合い、努力なさっている姿、本当に本当に尊敬しています。学業とお仕事の両立は大変だと思いますが心から応援しています!!》
《大学の授業頑張ってください 私も大学生でたおちゃんが頑張ってるなら私も頑張れそうです!!》
《学業に仕事に大変だと思いますけど、それも若い今だからできること! 楽しんで頑張ってください》

関連カテゴリー:
関連タグ: