ローラ 年収3億円を総取り!超強気独立で得た異例の好条件
18年3月、ローラは本誌の直撃に和解を宣言したが……。 画像を見る

《2020年6月30日をもって約14年間お世話になった事務所LIBERAを退所する事になりました》

 

7月1日、ローラ(30)が自身のインスタグラムを更新。所属事務所からの独立を発表した。

 

ローラといえば、’17年8月に事務所との“奴隷契約”騒動が報じられていた。だが翌年4月には突如、和解を表明。本誌でも「なんか、もっとハッピーな感じに発表したいなと思っているから!」と語るなど、事態は沈静化していたはずだった。

 

騒動から3年、彼女にいったい何があったのだろうか。

 

「今回の独立はギャラでもめたのではなく、ローラさんが『マネジメントをすべて自分自身でやりたい』と希望したからです」

 

そう語るのは、彼女を知る芸能関係者だ。

 

その言葉どおり、ローラは独立直前に自身のブランド「STUDIO R330」を立ち上げている。環境への意識から、素材選びも含めてすべて自らプロデュースしているという。

 

「最近のローラさんはテレビでの露出を減らし、“自分がやりたいこと”を中心に動くようになっていました。それでも、今なお年間3億円ほどは稼いでいたといいます。好きなことだけでも稼げる。そうした自負があったからこそ、独立を決断したのでしょう。

 

というのも彼女はインスタで615万人、ツイッターで428万人のフォロワーを抱えています。今年1月に開設したYouTubeのチャンネル登録者数も63万人を超え、再生数100万回超の動画を量産しています。事務所の後ろ盾はもう必要ないという判断なのだと思います」(前出・芸能関係者)

 

次ページ >“あわやトラブル再燃”の状態に…

関連カテゴリー: