LiSA 家賃2万円の原点…鬼滅ヒットにあったシングル母の教え
画像を見る

「小っちゃいころは、すぐにお母さんの後ろに隠れてしまうような引っ込み思案な女の子でした。そんな彼女が大勢の人たちの前でパワフルにのびやかに歌っている映像を見ると感無量です」

 

そう語るのは、歌手・LiSA(33)の少女時代を知る女性だ。

 

『鬼滅の刃』旋風に乗って、アニメシリーズの主題歌『紅蓮華』や『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌『炎』を担当したLiSAの歌声も、日本中に響き渡っている。

 

「『炎』のミュージックビデオ(MV)は、わずか2週間足らずで再生回数が2千万回を突破しました。昨年末には『NHK紅白歌合戦』に初出場して注目を集めましたが、今年の紅白出場も有望視されているのです。いまもっとも勢いのある女性歌手といえるでしょう」(レコード会社関係者)

 

LiSAのライブを担当したこともある興行関係者はこう語る。

 

「チャキチャキした性格でした。礼儀正しいのですが、いっぽうで年上のサポートメンバーたちにもものおじしないでハッキリ意見を言うタイプだったですね」

 

だが冒頭の知人女性の証言のように、少女時代の彼女はかなり消極的なタイプだったようだ。スペシャルブック『今日もいい日だっ』(エムオン・エンタテインメント)には、実母との対談も掲載されており、一部を抜粋すると――。

 

【LiSA】《人前に出ると突然「ダメです」「こっち見ないでください」みたいになって(笑)。そんな私を母が見かねて、ミュージカルを勧めてくれたんです。》

 

【母】《あの頃は、保育園の先生のうしろに隠れて、お遊戯ができないぐらいの恥ずかしがり屋さんでした。》

 

歌手になった原点は、母が勧めてくれたミュージカルスクールにあったのだ。LiSAは岐阜県出身。この母娘対談も岐阜にある自身の実家で行ったものだという。

 

ブログ「今日もいい日だ」でも、故郷や家族のことについて頻繁に言及しており、いつも“郷土愛”“家族愛”にあふれている彼女だが、自身の過去を語る際には、一抹の苦みを交えさせることもある。

 

《私は自分の人生が「負け始まり」だなって思っているので、一番最初に出てきたキャラクターとして、炭治郎(※『鬼滅の刃』の主人公)が背負った悲しみのレベルは私とは全然違うけど、負け始まりの物語として重なるなと思いながら(『紅蓮華』の歌詞を)書きました》(『SWITCH』’20年8月号)

 

LiSAの実父は、彼女が小学2年生のときに家を出ていったという。インタビューで《(故郷は)田んぼと山しかないところです。でも(実家は)団地だったので……》(『ROCKIN’ON JAPAN』’20年1月号)と、語っているように、彼女は20歳で上京するまで、岐阜県内にある市営住宅で生活していた。

 

当時のLiSA一家のことを知る前出の女性はこう語る。

 

「間取りは3DK、家賃は世帯の収入にもよりますが、だいたい月2万円前後でした。LiSAちゃんはご両親に妹さんと4人家族。でもお母さんとお父さんが離婚してしまって、お母さんが働きに出ることになったのです。まだ幼かった彼女は寂しかったでしょうし、妹さんの面倒も見なければいけなかったのです」

 

次ページ >音楽活動のための上京に母は大反対

関連カテゴリー:
関連タグ: