生放送ならではのハプニング!紅白歌合戦で起きた珍事件たち
浜田が歌っている間に、カツラをかぶせるといった無茶ぶりを披露した松本。 画像を見る

今年で第71回目を迎える『NHK紅白歌合戦』。紅白といえば、笑いあり、涙ありだがーー。実は、生放送ならではのハプニングも少なくなかった。そこで、過去の珍事件を振り返ってみよう。

 

■’74年「森進一“社会の窓”が開いたまま大トリ!」

 

この年、白組の大トリを飾った森進一(当時27歳)。着用していたスラックスのチャックが開いたまま、『襟裳岬』を熱唱するというハプニングは有名だ。

 

「あわてた村田英雄さんや三波春夫さんたちが白組歌手を引き連れ、森さんを取り囲みました。応援と見せかけながら、『チャック、チャック』と伝えて事なきを得たのでした」(芸能記者)

 

■’83年「タモリの呼びかけに『いいとも!』」

 

‘82年10月から『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)がスタートし、若年層を中心に人気のあったタモリ(当時38歳)が総合司会に。NHKアナウンサー以外が総合司会に起用されるのは、史上初めてのことだった。

 

そんなタモリは本番で「選手宣誓!そろそろ行ってもいいかな?」と観客席にマイクを突き出すと、「いいともー!」と元気よく返ってきたのだ。

 

■’84年「都はるみに『ミソラ…』司会者が明かした原因」

 

大トリを務めたのは、この年の紅白をもって引退宣言をしていた都はるみ(当時36歳)。『夫婦坂』を歌唱し、アンコールでは『好きになった人』を歌い出したものの泣き崩れてしまう一幕も。ステージ終了後、総合司会を務めた故・生方恵一さんは「もっともっと、沢山の拍手を、ミソラ……」と名前を言い間違えてしまったのだ。

 

生方さんは‘02年、本誌にその理由についてこう語ってくれていた。

 

「出演者もみんな涙していて、ステージ上はかつてない異常な熱気でした。これほど鬼気迫るシーンが戦後歌謡史のなかであっただろうか……あの美空ひばりでさえ……とふと脳裏をよぎったのがあの間違いの原因でしょうか」

 

数年後に完全復帰した都からは、「私がカムバックして気楽になったでしょう」と声をかけられたという。

 

次ページ >'85年「飲酒、ギターに着火…吉川晃司の“若気の至り”」

関連カテゴリー: