「私はもともと強いほうではないので、怒ったり、生意気なことを言ったりするシーンは難しかった」

 

そう話すのは、ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系・火曜22時〜)で小学生の宮本みゆきを演じ、くるくる変わる表情が「かわいすぎる」と話題の横溝菜帆ちゃん(10)。いったん話しだすと、「うふふ」とかなりの笑い上戸。

 

「亜希子(綾瀬はるか)さんの腹芸のシーンは、笑っちゃいけないところなんですけど、綾瀬さんの演技がおもしろくて笑いをこらえるのが大変でした(笑)」

 

赤ちゃんから事務所に所属し、すでに数々の作品に出演。

 

「精霊の守り人」(NHK総合)では綾瀬扮する主人公の幼少時代を演じた。

 

「将来は綾瀬さんみたいに誰にでも優しくて、どんな役でもできる女優さんになりたいです」

 

今度はぜひ特技のフラダンスを見せてね!