陣内智則 長女誕生から起きた変化、「夜遊びもう封印」告白

「また、浮気するんじゃないの~?」。テレビ番組でそんなイジりを受けることも多い、お笑い芸人の陣内智則(44)。しかし子どもが生まれて、間違いなくこの男は“変身”を遂げていました!

 

「初めて娘を抱っこしたときは、お互い初対面だから、目を合わせづらくて(笑)。自分の娘に人見知りするなんておかしな話ですが、親になった実感が湧くのは、まだまだこれからだと思います」(陣内・以下同)

 

’18年10月31日に、妻でフジテレビアナウンサーの松村未央(32)との間に、第1子となる女児が誕生した陣内。『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)、『痛快TV スカッとジャパン!』(フジテレビ系)など、現在では5本のレギュラー番組を抱え、多忙な日々を送る陣内だが、長女誕生の瞬間には、運よく立ち会うことができた。

 

「以前、松本(人志)さんから『出産は立ち会ったほうがいいよ』と言われていたし、僕自身もずっと立ち会いたかったんです。ただ、いざ出産となると、看護師さんたちに『奥さんの頭を上げてください!』と指示されるがままに動くのが精いっぱいで……。子どもが生まれた感動というよりは、『赤ちゃんは元気? 奥さんの体調は?』ということばかりが気になって。お医者さんに“母子ともに健康です”と言われたときに、やっとホッとできたという感じでしたね」

 

芸人やタレント、アイドルらと幅広い交友関係を持つ陣内。しかし、長女が生まれたことによって“家庭ファースト”の生活になったという。

 

「遠方でのロケ仕事がないときは、だいたい、仕事が終わるのが22時か23時ぐらい。子どもが生まれる前は、そこからいつも飲みに行ったりしていました。でも、今はまず頭に奥さんがよぎるんです。同じくまだ生後5カ月の子どもを持つアンジャッシュの渡部建くんは、夜の仕事を入れないようにスケジュール調整するくらい、育児に本腰を入れている。僕だって、“奥さんが大変なときに夜遊びしていたらアカン”と……」

 

仕事で遅くなっても、妻の松村は、子どもと2人で陣内の帰りを待っているそう。

 

「帰ったらリビングで2人とも起きてくれていて。『先に2人で寝といてええよ』とは言いますけど、そんな2人を見たら、よけい早く家に帰りたいなという気持ちが強くなりましたね。そう思うようになってからは、以前は奥さんに任せっきりだった洗濯物や、洗い物も、自然と自分からするようになりました。僕があまりに何もしていなかったからなのか、ちょっと手伝っただけで奥さんは『ありがとう』と言ってくれるから、それもうれしいかな(笑)」

 

早く家で子どもと触れ合いたい、収録中もそんな思いをなんとか抑えている、とうれしそうに語るが、その“親バカ”ぶりに“大先輩”からはこんな指摘も。

 

「吉本興業の芸人は、自分のことを“笑いの戦士”だと思っている。だから現場では、『戦場に出ていかないといけない戦士が、何を子どもの話でほっこりしてんねん』という風潮があるんです。つい先日、明石家さんまさんに僕が『今までの仕事の空き時間は、楽屋で休んでましたが、ちょっと合間ができたら、家に子どもの顔を見に帰るようになりました』と話したら、さんまさんが『俺にはできんかったわ。子どものことを考えていたら、バラエティでは仕事にならんぞ』と言われて。確かにそうかもしれないけど、僕はできるだけ奥さんをサポートしてあげたいな、と考えているんです。表立って“イクメン”を宣言したくはありませんが(笑)」

 

かわいいわが子が生まれて、もはや“夜遊び男”の姿は見る影もない!?

 

(取材:インタビューマン山下)

関連カテゴリー: