木南晴夏語る理想の家族像「人生が楽しくなりそう!」

「ポジティブで、勇気があって、周りのみんなから愛されていて。そんなしんちゃんは、私の理想の息子です。あんな子どもがいたら、人生がもっと楽しくなりそう!」

 

そう語るのは、『クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~』(4月19日公開)でアニメ声優に初挑戦している木南晴夏(33)。演じたのは、伝説のお宝を狙うトレジャーハンター、インディ・ジュンコ役。

 

「子どものころから大好きなしんちゃん作品に出られるなんて! 家族に出演が決まったことを話したら“しんちゃん役?”ってとぼけたことを言われましたけど(笑)」

 

みさえとひろしの夫婦愛や、野原一家の家族の絆が描かれる本作。しんちゃんたちと冒険をともにして、どんな思いを抱いた?

 

「こんな家族、憧れるなって。ひろしが、自分を犠牲にして強がるかっこよさも、それを信じるみさえの愛の深さも、理想の夫婦像です。なにより、しんちゃんがめちゃくちゃかわいい! 子どものころは、ちょっとお下品すぎるんじゃない? って思ってたけど、大人になった今は、ただひたすら愛しくて。どんどん、しんちゃんへの愛情が湧いてくるんですよ」

 

例年、子どもだけでなく大人の心もがっちりつかむ『映画クレヨンしんちゃん』だが、今年は?

 

「子どもたちは、ドキドキワクワクできるはず。大人目線だと、家族を振り返るきっかけになると思います。旦那さんにもっと優しくしようとか、奥さんに花を買って帰ってあげようとか。優しい気持ちになれる映画です!」

関連カテゴリー: