だいたひかる 乳がん再発も前向きトーク「削られるマグロの気分」

’16年2月、乳がんの治療で胸を全摘する手術を受けた女芸人だいたひかる(44)。抗がん剤治療を経て、現在はホルモン治療中。術後から丸3年が経過し、治療モードから通常モードに切り替えられる日が近づいていたのだが……。今年3月に本人のブログで再発を報告する記事がアップされた。

 

’16年当時、本誌に初告白してくれた闘病の様子は、笑える“ネタ”満載で、さすが芸人と思わせてくれるものだった。一方、夫である小泉貴之さん(41)とのエピソードは、笑いの中にもじわりと感動して涙があふれてくるような、あたたかい“ネタ”ばかり。文字どおりの二人三脚で治療に取り組んでいた。再発という事実を受け、今、2人は何を思い、どう過ごしているのだろうか?

 

■全摘した右胸に、がんが再発

 

【2月13日】しこり発見

 

だいた「1年に1回、精密検査をするんです。最初がいちばん緊張した’17年で、2回目が’18年。CTと、エコーとマンモグラフィーなどをやるんですが、3回目の今回、全摘したほうの右胸の肋骨と肋骨の間に4ミリのしこりがあるって言われました。細胞診とMRIでさらに詳しく検査しましょうって」

 

小泉「再検査というのは嫌なものですから、『あれから3年たってるし、たとえ何もないと言われたとしても精密検査をリクエストしようと思ってたくらいだよ』って言いました。僕は落ち込んでいないということも伝えたかったので」

 

【2月27日】検査結果は判別不能

 

だいた「検査結果を聞きにいったら、5段階中3と言われました。五分五分で良性という意味なんですけど、良性だとしても、気持ち悪いじゃないですか。イボができたら取る感覚で、しこりも取ったほうがいいと思いました。すず(小泉さんのこと)は『歯石を取るようなもんだよ』って(笑)」

 

■中落ち削られるマグロの気分

 

だいた「切ることに、もはや抵抗はないですね。雑草と同じで、よくないもんが生えてきたらむしり取らないと」

 

小泉「やっぱり1回目に全摘したことがよかったんだと思います。そう思えてるから、心配の種はまた手術で切り取ればいいと思えるんですよね」

 

【3月6日】しこり切除手術

 

だいた「日帰り手術なので、美容院感覚で切りにいってきました。全摘してるし、取るところなんかなさそうですよね。骨と骨の間の身をこそげ落として、中落ちにするみたいな手術ですよ。マグロの気持ちが初めてわかりました」

 

小泉「しこりの周りの部分もちょっと多めに取りましたと先生に言われて、これで悪いところは全部ない、今自分たちの懸念点は全部ないはずだって思えました。あとは、しこり本体の病理検査結果を待つだけという状態でした」

 

だいた「これ取りますんで、もう少し長生きさせてもらっていいですか、みたいな感覚。胸と引き換えに人生の飛距離を伸ばしてるっていうか(笑)。心配事を取り除けば、体はこの生活に慣れてくるので不自由はないです」

 

【3月20日】検査結果が出る

 

だいた「とにかく健康に気を使ってきたので、この3回目の検査がクリアできたらやりたいことがたくさんありました。1回目、2回目とクリアして、なんだかこのままイケる! という気がしていて……。『今年も検査、やっぱりやったほうがいいんですよね?』って先生に聞くくらい自覚症状がなかったので、本当に検査を飛ばしてたら危ないとこでした。抗がん剤をやっていたときでさえ、持ち前のやる気のなさが功を奏して、副作用のダルさをあまり感じなかったし(笑)。痛みもないし、具合の悪いことが一つもなくて元気そのものでしたからね。なので、しこりが見つかったときは……残念でしたね。さらに、切除したものの病理検査の結果は悪性で、それもやはり残念でした。全摘した側で再発する確率を聞いたら、10%以下だと言われました」

 

小泉「言い方はちょっとあれですが、もしかしたら前回の手術で取り除けてなかったんじゃないか? という考えもあるかもしれません。全摘した右側に再発? って、多少疑問が生まれますよね。でも、後ろを振り返りたくないんですよね。今まで最善のことをやってきたという自信を糧に、次の治療にも向き合っていきたいんです」

 

だいた「ほんとそう。治療方針が決まればそれに向かっていけばいい。腹はくくれているだけに、検査結果待ちの時間は苦痛でした」

 

小泉「そうだね。検査、結果待ち、診察待ち、再検査、結果待ちって、それなりに日数がかかる。その間に病状悪化しちゃうんじゃ? と思うのは嫌な時間でした。あのタイムラグが今後短縮されていくといいなと思います」

 

■放射線治療は、日サロ感覚

 

腫瘍を摘出しているため、検査結果後は放射線治療を行うことに。彼女の場合は25回、手術した場所に放射線を当てて、がん細胞をたたくということになった。

 

だいた「放射線治療は未経験だったので、ブログ読者の方のコメントにすごく勇気づけられました。すずに治療の解説をしてもらって、私としては焼き畑農業みたいなもんかなと理解したんですね。そしたら日焼けサロンみたいなものとコメントをくれた読者の方がいて。『日サロお疲れさまです』みたいな(笑)。たしかに吐き気もないし、とても楽な治療で、5月16日に修了しました」

 

小泉「いちばんリスキーな術後3年間に何も問題がなければ、中断している不妊治療を始められるかもしれないと話していたんですね。本人も期待していたと思うんです。でも、通院を日サロだと言ったり、こうして強気で明るくいてくれるというところに、助けられている部分がすごくあります」

関連カテゴリー: