はあちゅう&しみけん「家族会議」夫の収集品を捨てるな!

2018年7月に事実婚を発表し、2019年9月に長男が誕生した、はあちゅうとしみけん。活躍する業界もファン層も違う異色夫婦が、「これ、どうする?」「あれ、どう思ってる?」と赤裸々に語り合う本誌連載「家族会議 議事録」の第20回。かつて、はあちゅうが捨ててしまった、しみけんの大事なモノとは……。

 

 

はあちゅう「一時期ネットで話題になった、『夫が趣味で集めたものを、妻が勝手に捨ててしまう問題』ってあったじゃない」

 

しみけん「ガンプラとか、フィギュアとか」

 

はあちゅう「うちでも近いことが1度あって、けんちゃんの心に深い傷を負わせてしまったね……。あのときは本当にごめん」

 

しみけん「本棚をまるごと捨てたときだ。『ドラゴンボール』全巻も一緒に捨てる羽目になって、悲しかったなあ……」

 

はあちゅう「後から『お前のパソコン捨てられたらどう思う?』って言われて、そんなに大事だったんだと反省した。つき合ってる4年間、1度も読んだ形跡がなかったから……」

 

しみけん「たまに名シーンを読み返したいんだよ」

 

はあちゅう「けんちゃん、本に限らず、モノに囲まれてると安心する人だよね」

 

しみけん「男には多いんじゃないかな」

 

はあちゅう「けんちゃんは、クイックルワイパーの布のストックが、常にないと嫌がる。トイレットペーパーやティッシュも、ダースとかで買っちゃう。使わなくても置いときたい人。私は、『いま必要なものだけあればいい』って思う人だから、ストックは持ちたくない。

 

しみけん「欲しいときに『ティッシュがない!』って気持ちになるのが嫌なんだ」

 

はあちゅう「私は、本も買ったらすぐ読んで、すぐメルカリで売るか、誰かにあげちゃう。私の部屋の本棚はすごく小さいのが1つだけ。なのに、けんちゃんは押入れサイズの大きいやつが2つもあった」

 

しみけん「読んで引っかかった箇所がある本は、残しておきたいんだよね」

 

はあちゅう「抜き書きとかメモしておいて、『また読みたくなったらそのときに買えばいいじゃん』って思うんだけど……。とにかく、前に住んでた家には、大きな本棚が2つ、リビングにどーんと置いてあって、しかも中身はリビングに置きたくない本ばっかり。殺人鬼の本、エロい本、クイズの本……。普通、リビングに置く本って洋書とか素敵な写真集でしょ」

 

しみけん「以前、自分の本棚を人に見られたとき、『一見して、しみけんさんの本棚だってわかる、個性的な本棚ですね』って言われて、すごく嬉しかったのに!」

 

はあちゅう「百歩譲ってすぐ読む本ならいいよ。何年も読んでない『ドラゴンボール』を、リビングに置きますかって話だよ」

 

しみけん「『ドラゴンボール』は聖書! あれは聖書だよ」

 

はあちゅう「あのね、リビングがマンガ喫茶状態になってるのがすごく嫌なの」

 

しみけん「『ドラゴンボール』って、昔のジャンプコミックス版だと、背表紙が1枚の絵になってて、ヤジロベーが2回出てくるんだよね」

 

はあちゅう「知らないって(笑)。あと、興味を持ったマンガを全巻一気買いして、ちょっとだけ読んで、放置してたりするじゃん。1巻だけ試し買いすればいいのに」

 

しみけん「1巻だけ買って読んで、『わかった風』を装うのが嫌なんだよ」

 

はあちゅう「でも結果的に完読してない」

 

しみけん「姿勢を見てもらいたいな!! 『最初だけかじってハマったら読み続ければいいや』という人と、『全部取り込みたい』という人は、作品に対する向き合い方が違う。僕は後者で……。浅く広くじゃなくて、深掘りしたい。少なくとも気持ちのうえでは」

 

はあちゅう「『グラップラー刃牙』も、全部買ってほしいって言うから『絶対読むね? 絶対読むね?』って何度も念押しして買ったのに、途中で息切れしちゃって」

 

しみけん「あのときは、絶対読むと思ったんだけどね(笑)。こうして話のネタになったからいいじゃない。失敗談としておもしろがって話せるんだから。でも、そういうことが積み重なった結果、はあちゅうがたまりかねて『リビングの本棚を処分したい』ってプレッシャーかけてきたんだけどさ。『ドラゴンボール』は初版のやつじゃなくてよかった。また買い直せばいいし。取り返しがつかないといえば……岩波書店のしおりだよ!」

 

はあちゅう「あれを集めてる人がいるなんて、知らなかったよ。私、書店のレジ横にあるしおりとかも、一度ももらったことがなかったから。なんか広告がついてて雑然としてるし、まさか価値があるなんて」

 

しみけん「中学生のころから集めてた、岩波書店のしおり。書体の違いとか、本の部位の名称とか、漢字の成り立ちとかが書いてある」

 

はあちゅう「けんちゃんがリビングに自分の作業机を置いてる時期があって、もう本当に散らかっててさ。玄関開けて、入ってきた場所が散らかってるっていうのが、すごく嫌で。留守中に片づけてあげようと思ったのよ。それで、めちゃくちゃ汚ない机の上にあったしおりを、『これはいらないんじゃない……? 欲しかったらまた書店のレジから取ってくればいいし』って思って、2、3枚捨てた。そうしたら帰ってきたけんちゃんが『集めてたのに!』って大騒ぎ」

 

しみけん「大事件だよ。その時代に刷られたやつは、なかなか手に入らないんだもん」

 

はあちゅう「そんなに年季の入ったやつだと思わなかったよ……。大事なものなら、きちんとした場所にしまっていてくれないと! ヤフオクで1枚数千円で取引されてると知って、びっくりしたよ。とにかく、『ドラゴンボール』としおりの件で、人によって大事なものは違うんだと学んだし、相手のお金の使い方にはあんまり口を出さないほうがいいってわかったよ」

 

しみけん「気づけてよかった!」

 

【はあちゅう】

1986年、神奈川県生まれ 慶應大学在学中より、ブロガー活動を開始。会社員経験を経て、2014年、フリーに。ブログ「旦那観察日記」で、夫婦生活を鋭意発信中

 

【しみけん】

1979年、千葉県生まれ 1998年にAVデビューし、出演本数は約1万本の現役AV男優。最新刊『しみけん式「超」SEXメソッド』(笠倉出版社)が発売

 

取材&構成・稲田豊史
(週刊FLASH 2020年1月21日号)

関連カテゴリー: