image

(C)Melissa King / Twitter

各州における地方大会の優勝者だけが出場を許され、全米一の美少女を決定するアメリカ最大のミス・コンテストのひとつ、「ミス・ティーンUSA」。昨年11月に行われたデラウェア州の大会で見事優勝を勝ち取ったメリッサ・キング(19)が今週、その座を辞退した。アマチュアポルノサイトに出演した過去がバレてしまったのだ。Huffingtong Postが詳しく伝えている。

出回っているポルノ動画は5分ほどの短いものだが、そこに映っているのはどう見てもキング本人だ。冒頭のインタビューシーンでは、「ミス・コンテストに出場するお金がないからポルノに出てみたの。このことは特に誰にも話してないわ。別に隠してるわけじゃないんだけど」と話している。

今週月曜にこの件で取材を受けたキングは、「そのビデオは知ってるわ。でも、これは絶対に私じゃない」と主張したが、その翌日に王冠を返還してしまった。やはり”思い当たる節”があるのだろう。この騒動に乗じてポルノサイト「YouPorn」は早速キングに25万ドルで出演を依頼。「『ミス・デラウェア』にかわり『ミス・YouPorn』の称号を差し上げます」と悪ノリしている。

この話題はWEB、テレビ問わず複数の媒体で取り上げられ、キングは一躍世界的に「超」が付く有名人になってしまったが、いまだに<a href=”https://twitter.com/Melissa_M_King” target=”blank”>Twitter</a>での発言を続けている。「落ち込まないで。あなたは今でも素敵な女性よ」といった応援のツイートにお礼を言ったり、擁護する発言をリツイートしたりとイメージ回復に努めているようだ。日本の芸能人はトラブルを起こすとブログやTwitterなどのアカウントを消して雲隠れするケースがほとんどだが、キングの肝の据わりようにはある意味感服する。

空位となったミス・デラウェアの座には次点のヘイリー・ロウラーが就く。

<div style=’text-align:center’>

<script type=’text/javascript’ src=’http://pshared.5min.com/Scripts/PlayerSeed.js?sid=281&width=560&height=345&playList=517685682′></script>

<br/>

</div>

関連タグ: