image

KOIN

 

米オレゴン州に住むカーク・アレクサンダーさん(48)が、瀕死の重体で発見された。彼の命を救ったのはドミノ・ピザの店員だったという。

アレクサンダーさんはピザが大好物。過去7年間にわたり、近所のドミノ・ピザからほぼ毎日のようにデリバリーを頼んでいた。しかし先週日曜、この店でドライバーとして働くトレイシー・ハンブルンさんがふと気がついた。アレクサンダーさんからの注文が11日間も途絶えている──。

心配になったハンブルンさんは、アレクサンダーさんの家を訪ねたがノックしても反応はない。呼びかけるも返事はなく、電話をしてもすぐ留守番電話になってしまう。窓から家の中をのぞくと、テレビが付けっぱなしになっている。何かあったに違いない、とハンブルンさんは911に通報した。

駆けつけた保安官が、床に倒れて助けを請うアレクサンダーさんを発見し、病院へと緊急搬送。保安官事務所のスポークスマンによると、発見があと少しでも遅ければ、アレクサンダーさんは命を落としていた可能性があったという。病名は明かされていないが、現在は治療により容態は安定している。

店舗のゼネラルマネージャー、サラ・フラーは地元テレビ局の取材に応じ、アレクサンダーさんについてこう語る。

「彼はオンラインで注文するので、スクリーンに表示されるんです。それを見て『あ、カークのオーダーよ』と言うのが日課みたいなものですね。彼は大切なお客様であり、私たちの家族の一員なんです。今回は手助けができて本当に嬉しく思います。回復をお祈りしています」。

ドミノ・ピザ本部の広報責任者も「国内には何千もの店舗がありますが、それぞれが地域に密着しており、特定の顧客のことをよく知るようになるのは珍しいことではありません。これまでにも、定期的に注文してくださるお客様を助けた例はたくさんありました。これは全ての店舗で見習ってほしいカスタマーサービスの一つであり、コミュニティへの寄与です」とコメントしている。

関連タグ: