2012年、オスカーのパーティに俳優のセス・マクファーレンと登場したローレン・サンチェス〔左〕(写真:ロイター/アフロ)

先週、世界一の富豪として知られるAmazonのCEOジェフ・ベゾス氏(55)が25年連れ添った妻マッケンジーさんと離婚し、話題となった。14兆円以上とも言われるベゾス氏の資産の行方に注目が集まっているが、離婚前から愛人がいたことをNational Enquirer誌が突き止めている。PEOPLE誌によると、現在の2人の関係は絶好調だという。

 

「2人は強く愛し合っていますよ。これまでよりもはるかにね」と関係者が語るお相手は元FOX11のニュースアンカーで女優としても活躍するローレン・サンチェス(49)。ハリウッドの有力エージェントであるパトリック・ホワイトセルと離婚調停中だ。子どもはホワイトセルとの間に2人、その前の恋人との間に1人いる。

 

関係者によると、サンチェスは「とても陽気で社交的」だという。飛行機やヘリコプターのパイロット免許も持ち、14日には自分で操縦したヘリコプターから颯爽と降りてきたところをキャッチされるなど、とても活動的だ。「一見、2人は正反対に見えます。だからこそ、ベゾス氏は彼女に惹かれたのでしょうね」(前述の関係者)

 

Page Sixは、昨年4月に、レストランで堂々と食事をする2人をスクープしている。「ジェフは個室を予約することもできたのに、図々しくも目立つ正面のテーブルを選んだんです。あっさりバレていましたよ」と目撃者は当時の様子を振り返る。2人に近い関係者は、それぞれの結婚が破綻した時期を「2018年秋」と証言しているため、時系列に齟齬が生じてしまう。

 

不倫関係で育んだ愛は、結婚という枷が外れてますます高まるばかりのようだ。

関連タグ: