image

映画『君に泳げ!』の日本版予告が解禁された。

 

この度解禁された日本版予告は、幼い頃からライバルだったウサンとウォニルが二人の初恋相手であるジョンウンを賭けた競泳シーンから始まり、日本でも大人気アイドルであるK-POPグループ少女時代のユリが劇中で初披露したソロ・ヴォーカル・ナンバー「BLING  BLING」とともに爽やかな本編の魅力を演出。そして予告の後半では、日本版イメージソングとして主演俳優ソ・イングク自らが作詞・作曲・プロデュースし歌うバラード「Last Song」がフィーチャリングされ、熱い感動を喚起する。劇中で明るく可愛げのあるウォニル役を演じるソ・イングクだが、予告ではその役柄とは対照的に、心に染み渡る極上のバラードを日本での映画公開のために提供。なんとも贅沢な日本版オリジナル予告編が完成した。

 

また、韓国映画史上初となる水泳エンタメ・ムービーの撮影に挑むにあたり、撮影開始前から2ヶ月間の水泳の猛特訓を重ねた俳陣たちの鍛え上げられた肉体も注目を浴びている本作。ポースター同様、本予告でも、ソ・イングク、イ・ジョンソクとの鍛え抜かれた肉体が惜しみなく披露されている。

 

★予告リンク★

http://youtu.be/nC69a3wSzFA

 

【STORY】

父親からの強烈なプレッシャーと戦いながら、水泳の韓国代表有望選手として活躍する孤高のスイマー、ウサン(イ・ジョンソク)と、“水泳の天才”と将来を嘱望されていたが相次いで両親を失くし、水泳への情熱を失ったウォニル(ソ・イングク)、そしてミュージシャンになる夢を追いかけてバンドデビューを目指すジョンウン(クォン・ユリ)。韓国屈指の体育高校の水泳部で、かつての幼なじみが7年ぶりに再会した。ミュージシャンとして成功する夢を語るジョンウンの飾り気のない眩しさに、ウォニルはいつしか彼女に心魅かれていく。しかし、一方のウサンにとっても、ジョンウンは今も忘れられない初恋の相手だった。オリンピック候補選手の選抜大会の日が近づいていくなか、ウォニルはウサンに挑戦状を叩きつける。「俺が勝ったら、ジョンウンから手を引け」と。オリンピックへの切符は?そしてジョンウンとの恋の行方は?真剣勝負の幕が切って落とされる…!

 

————————-

『君に泳げ!』

(C) <NO BREATHING> SPC All Rights Reserved

配給:NBCユニバーサル・エンターテイメント

公開表記:2015年早春、シネマート新宿ほか全国ロードショー

 

監督:チョ・ヨンソン

脚本:ユ・ヨンア、『7番房の奇跡』「パパロッティ」『ハナ 奇跡の46日間』 チョ・ヨンソン

出演:イ・ジョンソク(「シークレットガーデン」「君の声が聞こえる」)、ソ・イングク(「応答せよ1997」)、クォン・ユリ(少女時代)(「ファッション王」)

2013年/韓国映画/上映時間118分/スコープ/5.1ch/原題: NO BREATHING 日本語字幕/大塚毅彦  

公式HP:http://www.nbcuni.co.jp/movie/sp/oyoge/

公式LINE@ 君に泳げ!ID:@oyoge-movie

————————-

関連タグ: