超新星 「こんなに恥ずかしいの、初めて……」にファン1万5千人が絶叫!

image

8月13日、神奈川県・パシフィコ横浜展示ホールで超新星が日本デビュー2周年記念イベントを行い、11月5日公開の映画『僕たちのアフター★スクール』で6人が主演を務めることを発表した。

’10年公開の映画『君にラブソングを』以来の主演映画に選んだのは、なんと高校生役! 短期留学生として来日した6人が、命の恩人の経営するCLUBを立て直すべく立ち上がるストーリーだ。

撮影は7月上旬に都内で行われ、わずか6日間で撮了したという。ゴニルは「寝る時間もないままずっと撮影していた」と振り返り、苛酷な撮影だったことをうかがわせた。

作中では、900万円の借金を1週間で返済すべく、6人が歌や踊り、DJプレイを披露し、奮闘する姿が描かれている。

この日のイベントでは、6人が映画の衣装である学生服姿で登場。リーダーのユナクが「こんなに恥ずかしいの、初めて……」と語ると、集まった1万5千人のファンは大絶叫!

さらにグァンスが「映画の最後、メンバーがそれぞれチークダンスを踊っています。6人がデートするとき、どんな男になるか分かります」と語ると、すかさず他のメンバーから「お前が一番ヤバいだろ!」と突っ込みが入る一幕もあった。

映画では、新曲「メキ☆ラブ」が主題歌になることが決定。歌手としての今後の目標について聞かれると、ユナクは「(大晦日は)空いています。正直に言って、紅白に出たいです!」と意気込んだ。

日本デビューから2周年。さらなる活躍の場を広げる6人のこれからが楽しみだ――。

 

関連タグ: