image

15日、韓国の5人組男性グループSHU-Iが、都内で行われた『SHU-I LIVE TOUR 2015「I-DREAM」』の最終公演で年内解散を電撃発表した。その直後、兵役により活動を休止していたメンバー・ヒョンジュンが投稿したツイートが波紋を呼んでいる。

 

アンコールのMC中、リーダーのインソクが「今年いっぱいで解散することになりました。がっかりさせてしまって、ごめんなさい」とファンに解散を伝え、「それぞれ新しい道で頑張っていきたい」(チャンヒョン)、「解散を悲しみたくない。さよならではないです」(ミンホ)、「いつかまた5人のSHU-Iで(ファンと)会いたいです」(ジンソク)と、前向きな姿勢を見せた。

 

しかし、その直後、ヒョンジュンが「俺のことなんてだれも考えてないんだ」と怒りのツイートを投稿。解散をすることは知っていたようだが、それがいつで、どう発表するのかは事前に報告されていなかった様子。つづけて「サイトにも俺の一言くらいはかかせてくれるのが普通じゃない?」と悲しい心境を綴った。

 

ヒョンジュンのツイートから30分後、この騒ぎを知ったジンソクが公式ブログを更新。そこには、「さきほどのヒョンジュンのツイッターを見て、正直残念な気持ちでいっぱいです。でもこういう事で僕たちはSHU-Iという名前に傷つけたくありません。皆との大切な思い出がたくさんある名前ですから。そしてヒョンジュンの意見も大事だと思いますので彼とうまく話し合い、解決するようにします。皆さんにはご心配かけて申し訳ございません」というコメントとともに、事後報告に至った理由が書かれていた。

 

12月まで活動を続けるというSHU-I。今回の騒動を解決して、一緒に築き上げてきた道を、5人でゴールしてほしいものだ。

関連タグ: