image

ガールズグループ2NE1の解散説が浮上している中、所属事務所のYGエンターテインメントが公式に立場を伝えた。

5日午後、YGは「長い時間を黙々と待ってくださった2NE1のファンの皆様に、残念な便りをお伝えすることとなり、大変申し訳ないことを申し上げます。2NE1の末っ子であるMINZYは、これ以上2NE1とともにできないことを公式的にお知らせいたします」と伝えた。

続けて、「YGは2016年5月5日になっている2NE1との契約終了時点を控えて、今年1月に各メンバーと個別面談を行い、再契約に関する意思と2NE1の再跳躍に関する意志を伝えましたが、残念なことにMINZYとは意見を合わせられませんでした」と説明。「残りの3人とは、再契約とともに今年の夏を目標にして2NE1の新曲を準備中であり、MINZYに代わる追加メンバーを迎え入れることは考慮していません」と付け加えた。

これに先立ち、ある韓国メディアは、2NE1が所属事務所のYGエンターテインメントとの専属契約満了を控えて、「メンバーのMINZYは他の芸能事務所と接触しており、移籍を準備中である」と報じ、ネット中には2NE1の解散説が浮上していた。

◆以下は、YGエンターテインメントの公式立場全文
長い時間、黙々と待ってくださった2NE1のファンの皆様に、残念な便りをお伝えすることとなり、申し訳ない気持ちを申し上げます。

2NE1の末っ子であるMINZYが、これ以上2NE1とともにできないことを公式的にお知らせします。

YGは2016年5月5日の2NE1との契約終了時点を控え、今年1月に2NE1の各メンバーと個別面談を行い、再契約の意思と2NE1の再跳躍に関する意志を伝えましたが、残念なことにMINZYとは意見を合わせられませんでした。

練習生時代から11年をともにしていた仲間と別れることは、誰にも大変なことでありますが、2年前、突然チームの活動中断によって、苦しい時期を送ったMINZYの立場を十分に理解し、尊重するため、残念な気持ちよりは、申し訳ない気持ちが大きいです。

MINZYの脱退表明で、残りのメンバーは「2NE1はこのまま解散ですか?」と、深い混乱に陥っていましたが、ヤン・ヒョンソク代表が直接3人のメンバーに会い、「何があっても2NE1を最後まで守っていきたい。大変な時こそ、力を合わせてうまく克服していこう」と強い意志を表明したことで、3人の再契約とともに、今夏を目標に2NE1の新曲を準備することになました。MINZYに代わる追加メンバーを迎え入れることは考慮していません。

2NE1は、ワールドツアーを進行したくらい、韓国だけではなく、多くのグローバルファンが彼らの新曲とカムバックを待っているデビュー7年目の女性グループです。世界的にみても、グループ活動を7年以上持続させることは、大変難しいことと思います。たくさんの危機と難関を克服しなくては、不可能に近いことだからです。

2NE1も2年前の不祥事で公式活動を中断している状況の中で、4人メンバーの中1人が脱退という危機に迫った状況ですが、最善を尽くしうまく克服していきます。

これは長い時間の間、2NE1の音楽を信じ、待ってくださるファンのみなさんに向けたYGとメンバーらの強い誓いと約束であります。もっとも2NE1らしく、もっとも2NE1らしい音楽でまたお会いしたいと思います。

(写真提供/THE FACT JAPAN)
http://www.sportsseoul.jp/

関連タグ: