image

 

急性コンパートメント症候群で緊急手術を受けた女優ムン・グニョンが3次手術まで受ける可能性があることがわかった。

 

所属事務所の関係者は6日、韓国マスコミに「2日の緊急手術に続いて4日午前2次手術を受けて回復中だ。現在は経過を観察している。追加手術の可能性もある」と伝えた。

 

所属事務所によると、ムン・グニョンは今月1日、突然右の腕に痛みを訴え、翌日に病院を訪れた。診療後、急性コンパートメント症候群と診断され、すぐに緊急手術を受けた。4日には2次追加手術が行われた。現在は回復段階だというが、状況によっては追加手術を受けることも視野に入れている。

 

急性コンパートメント症候群は打撲や骨折などが原因となって組織の内部で出血が起こり、他の血管や神経などを圧迫する急性外傷。激しい痛みや麻痺などがあり、適時に治療しなければ、筋肉や神経組織が壊死する。

 

(記事提供/THE FACT JAPAN)
http://www.thefactjp.com/

関連タグ: