塩麹の次にはコレ「はちみつ味噌&えのき味噌」にブレイクの兆し

去年後半から食のトレンドとして評判になっている「塩麹」に続いて、次なるブレイクの兆しをみせている調味料があるという。それが、味噌消費量日本一の長野県で生まれた「はちみつ味噌」と「えのき味噌」だ。


味噌は海外のメディアで「注目の調味料」として紹介され、「パルメザンチーズに匹敵」と絶賛するシェフもいるほど。世界中に味噌の旨さが伝わったことが海外輸出量の増えた最大の理由だが、「味噌は放射能を体外に排泄する作用がある」という説が広まったことも理由のひとつだ。


そんななかで、「はちみつ味噌」は当初はパンに塗って食べる新感覚のジャムとして商品化された。だが、自分でも作れることから料理に利用する人が増えているのだという。健康効果が高く、冷蔵庫で保存が利き、パンなどにつけてそのまま食べられる。また、甘辛味なのでいろいろな料理に合うのが「はちみつ味噌」のミソだ。

【はちみつ味噌の作り方】《基本の分量》料理用の場合は、味噌100グラム、はちみつ50グラム。デザート用の場合は、味噌100グラムに、はちみつ100グラム。両方をよくかき混ぜる。自分で作るので、基本の分量を参考に好みの割合でどうぞ。保存容器(ビン)に入れて冷蔵庫で1カ月以上保存可能。味噌炒めや味噌漬け、麺つゆやドレッシング、和え物などにも合います。

「えのき味噌」は北信濃産のえのき茸を特殊製法でペースト状にし、味噌と一緒に発酵させた、きのこと味噌の旨みがたっぷり詰まった味噌。長年造られてきて、知る人ぞ知るレアな味噌だったが、口コミで評判を呼び、さらにテレビでも紹介されて注目を集めてきているという。製造元は「塩屋醸造」で1キロ入り1,365円、500グラム入り693円。あなたも一度試してみては!?

 

 

 

 

関連タグ: