「怒りの感情を我慢してためてしまうと、肩こり、頭痛、不眠、高血圧、おなか回りに脂肪がついたり、生理不順など体に不調が出てしまいます。どうしようもないほど怒ってしまったら具体策は2つ。まず、ストレスの原因になる人から遠ざかること。もうひとつは積極的に発散することです。不調の原因になる怒りのホルモンは、体を動かしたり殴る動作で減らすことができます」

そう話すのは、婦人科医で成城松村クリニック院長の松村圭子さん。これまで『我慢は美徳』といわれてきたが、最近では『怒りを我慢すると健康によくない』という医学的な報告も増えている。それを受けてか、海外では『怒り発散』が大ブームになっているという。そんな世界のガス抜き珍サービスを紹介!

中国【泣くバー】

急速に経済が発展しストレスが急増した人向けに、さまざまなサービスが誕生。南京の『泣くバー』では、1時間50元(約650円)で思う存分泣いてストレスの発散が可能。テーブルには、うまく泣けない人のために唐辛子水とにんにくが。ちなみに北京では、予算に合わせて部屋にあるものを壊すことのできる『ストレス発散部屋』もあり。

アメリカ【怒りの部屋】

テキサス州の『Anger
Room
(怒りの部屋)』では、5分間25ドル(約2千円)でヘルメット、防護スーツ、ゴーグルで武装して、バットで部屋の中にあるものを壊しまくってOKというサービスに女性客が殺到。店舗を拡大するほどの人気ぶりだとか。

ドイツ【ガス抜きホットライン】

大切な家族や友人にストレスをぶつけてしまわないために、『電話で私たちを侮辱できます』というサービス。1分間1.5ユーロ(約152円)で、オペレーターを思い切りののしり、罵倒してストレスを発散させるというもの。利用者が言葉に詰まったりすると、オペレーターが挑発してあげる心配りも!?

ニュージーランド【戦車でゴー】

ちょっと費用はかかるけど、本当に怒りがおさまらないという人にお勧め。戦車で車を踏みつぶせるサービス。戦車を15分乗り回すのに450NZドル(約3万円)、地元の廃車業者から仕入れた車をつぶすのは、オプションで1台395NZドル(約2万7千円)なり!

あまりに多くの腹が立つ理不尽な事件やニュースを目にする今日このごろ。たまった怒りはどんどん発散してスッキリしよう!