image
等々力陸上競技場の芝生にデザインされたシン・ゴジラの足跡
(写真・神奈川新聞社)

等々力陸上競技場(川崎市中原区)にゴジラの足跡!? 映画「シン・ゴジラ」と連携し中原区役所が同競技場で21・22の両日に行うゴジラの足跡を再現した「足型芝生アート」が20日、報道陣に公開された。

 

29日公開の映画では、武蔵小杉が舞台の一つとして描かれ、地下街アゼリアや市庁舎などでロケが行われた。シン・ゴジラはゴジラ史上最大となる身長118.5メートルで、その足跡を実寸大(約28メートル)でフィールド上にデザインした。逆目など芝の刈る方向を変えて色の濃淡をつけて2つの巨大な足跡をほぼ1日がかりで描いた。

 

両日とも午前10時から午後4時までで入場無料。普段VIPなどしか入れない6階スカイラウンジからの見学で、舞台となった小杉のタワーマンション群や多摩川の丸子橋なども一望できる。各日先着千人にゴジラをデザインしたオリジナル・クリアファイルかノート(非売品)がプレゼントされる。区が開催しているスタンプラリーのポイントにもなっている。問い合わせは、同区役所企画課・電話044(744)3163。

関連タグ: