image

(写真・神奈川新聞社)

 

三浦半島の最南端に位置する三浦市・城ケ島で、ウミウの群れが越冬している。

 

県立城ケ島公園南側の太平洋に面した崖(高さ約30メートル、幅約300メートル)はウミウやヒメウ、クロサギの生息地。同公園管理事務所によると、ウミウは越冬のため毎年11月中旬に北海道方面から飛来し、4月上旬まで過ごす。今シーズンは1日に最高約400羽が確認された。

 

園内に設けられているウミウ展望台から観察できる。3月には同公園職員が生態などを説明する観察会が開かれる予定。