image
(写真・神奈川新聞社)

 

箱根町仙石原でススキが見ごろを迎えている。綿毛をつけた穂が秋風に揺れ、草原を銀色に輝かせている。

 

「仙石原すすき草原」は約18ヘクタールで、台ケ岳(標高1,044.5メートル)の裾野いっぱいにススキが広がっている。敷地内には約700メートルの遊歩道が設けられ、好天に恵まれた18日は町内外から訪れる人でにぎわった。

 

埼玉県川口市に住む島根裕子さん(59)は「風にそよぐススキを見て、秋を感じられた」と笑顔を浮かべた。

 

町によると、ススキは11月上旬ごろまで楽しめる。問い合わせは、町総合観光案内所・電話0460(85)5700。

関連タグ: