image

(写真提供:逗子市/神奈川新聞社)

 

逗子市新宿の披露山公園でニホンザルのメスの赤ちゃんが生まれ、名前が「アジサイ」に決まった。親元から離れ、1匹で行動する時間も増えているという。

 

7月16日に生まれ、市が10月に名前を募集。259件の応募があり、最も多かったアジサイに決まった。メスの赤ちゃんには花にちなんで名付けており、タンポポやサクラなどの案もあった。

 

公園のサルはこれで計23匹(オス15、メス8)に。11年前から名前を公募し、毎年1~3匹の赤ちゃんが生まれている。

 

公園は常時開園。駐車場は午前8時半~午後4時半。問い合わせは、市緑政課・電話046(873)1111。