image
浜辺に打ち上げられた深海魚のリュウグウノツカイ=25日、糸満市喜屋武の喜屋武漁港(写真・琉球新報社)

 

糸満市喜屋武の喜屋武漁港北側の浜辺に25日、深海魚のリュウグウノツカイが打ち上げられた。午後5時ごろ、宮城正勝さん(65)が発見。体長約4メートル10センチの細長い体に、地元の漁師らは驚きの声を上げた。

 

沖縄美ら島財団総合研究センターの宮本圭研究員によると、浅い海にも出てくることもあるという。

 

小堀端正安さん(53)は「漁港の清掃作業をしたばかりなので、『きれいにしてくれてありがとう』と言いに来たのでは」と笑った。