プロ志望練習会 参加118人を発表 沖縄出身の平安山、大城が参加 29・30日に甲子園で
(左から)平安山陽、大城雄一郎

 

日本野球機構(NPB)は24日、プロ野球を目指す高校3年生を対象に日本高野連と共催する「プロ志望高校生合同練習会」に参加予定の118選手を発表し、甲子園交流試合に出場した大阪桐蔭の西野力矢三塁手らがエントリー。県勢では、愛媛・松山聖陵の平安山陽投手(大宮中出)と宮崎・小林西の大城雄一郎二塁手(南星中出)が参加する。

 

新型コロナウイルスの感染拡大で多くの大会が中止となったため、選手にプロのスカウトらに実力をアピールする機会を提供する。西日本の練習会は29、30日に甲子園球場、東日本は9月5、6日に東京ドームで行われる。日本高野連に登録している3年生で、プロ志望届を提出した上で今月18日までに合同練習会参加届を提出した選手が対象。

 

ドラフト会議は10月26日に開催される。

関連カテゴリー: