image

 

12月6日、東京都江東区にあるスポーツ施設で、大リーグ・テキサスレンジャースのダルビッシュ有投手(30)が、来期に備えて汗を流していた。この日は、11月の上旬に結婚・入籍を発表した山本聖子夫人(36)と1歳4カ月になるちびダルも一緒に来ていた。

 

「15時前ですかね、施設の裏門玄関から、母子2人で出てきました。お子さんをここで見たのは初めてです。もっと施設の中で遊びたかったのか、レンタカーの白いワゴン車に乗り込むのを、しきりに嫌がるそぶりを見せていました」(居合わせた利用者)

 

ダルビッシュにとって、聖子夫人と入籍して初めての帰国。当然、アメリカ生まれのちびダルにとっても初めての日本だ。当日の様子を取材してみると、こんな情報が漏れ伝わってきた。

 

「奥さんの聖子さんは、施設ではスクワットなどを入念にこなしていました。『今、身体を作っている最中』と話していましたね。子育てが一段落したら、またレスリングの米ナショナルチームのコーチを引き受けるのかもしれません」(施設関係者)

 

驚いたのは、ちびダルが母親のやっているトレーニングを見よう見まねでやっていたこと。

 

「お父さんがダルビッシュで、お母さんはレスリングの有名選手という、アスリートとしてものすごい可能性を秘めていますからね。自宅のある米国・ダラスでも兄のバスケやサッカーの練習に同行し、1歳とは思えない動きでコーチたちを驚かせているとか」(スポーツ紙記者)

 

聖子夫人はリオ五輪であの吉田沙保里を倒して金メダルを取った、米国のマルーリス選手を育てた名コーチでもある。スポーツの才能を早くも見せているちびダルに、格闘家のエリート教育をほどこしているのだろうか。

 

「実は、聖子さん以上に熱心なのが、彼女のお父さんの郁榮さんなんですよ。ちびダルを見て『将来は絶対に一流の格闘家だ!』と手ぐすねを引いているそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 

聖子夫人や姉・美優を一流レスリング選手に育て上げた山本郁榮さん(71)は現在、息子の山本“KID”徳郁が運営するスポーツクラブで、幼児を対象としたレスリングの英才教育を担当している。郁榮さんは早くちびダルの一流アスリート“英才教育”をはじめたくて、いてもたってもいられないという。

 

「今回の帰国では、ダルビッシュ夫妻が聖子さんの両親を誘って温泉旅行も楽しんだそうです。ちびダルも郁榮さんをじいじと呼んでなつき、さっそく二人でレスリングのまねごとをして楽しんだそうです。『この子は筋がいい。指導のためにダラスに付いて行こうかな』と冗談とも本気ともつかないことを言って、みんなを笑わせたとか」(前出・スポーツ紙記者)

 

1歳から名コーチたちの指導を受ける「超サラブレッド」。末恐ろしいアスリートになりそうだ。