木村花さん母のヤラセ告白でフジに非難 問われる制作側の責任
(写真:アフロ)

「テラスハウス」(フジテレビ系/Netflix)に出演していたプロレスラーの木村花さん(享年22)の母親である響子さん(43)が「花の名誉を回復してあげたい」といい、週刊文春の取材に応じた。その様子を7月1日に「文春オンライン」が報じたところ、告白内容が波紋を呼んでいる。

 

花さんは番組の第38話「コスチューム事件」で、同居人が彼女の試合用コスチュームを乾燥機で縮ませたことに激怒。「人のこともっと考えて暮らせよ!」「ナメんのもいいかげんにしろよ」といい、彼の帽子を叩き落とした。そのシーンがキッカケで誹謗中傷を受けることになった花さんは精神的に追い詰められてしまい、5月23日に自ら命を絶ったとみられている。

 

当時、フジテレビの遠藤龍之介社長は花さんが亡くなったことに対し「刻々変化する出演者の心の在り方という大変デリケートな問題を番組としてどう扱っていくか、時としてどう救済していくかということについて向き合う私どもの認識が十分ではなかったと考えております」などとコメント。そして、検証チーム立ち上げの意向を明らかにした。

 

そんななか「文春オンライン」で響子さんは、生前の花さんが“番組サイドからヤラセの指示があったと涙ながらに示唆していた”と告白。「コスチューム事件」の際には「いいじゃん、あんな奴、ビンタぐらいしたらいいじゃん」と言われたようだとも明かしたという。いっぽうフジテレビは、ヤラセについて「検証作業を進めている最中ですが、ご質問にあるような事実はございません」と答えたという。

 

響子さんは1日、Twitterで「文春オンライン」の記事を拡散。《ひとりでも多くのひとに事実を知ってほしいです 真実を見極めてほしいです 花は最後まで必死に 生きようとしていたと思います》と投稿した。

 

ツイートには1.6万の“いいね”がつき、《まだ気持ちが癒えない中、真実を伝えてくださりありがとうございます》《花ちゃんの必死に踏ん張っていた想いが伝わってきました》《読めば読むほど、苦しくて悲しくて悔しくて、そして辛いです》といったリプライが届いている。

 

いっぽう、制作側を非難する声が殺到。ネットではこんな声が上がっている。

 

《製作陣はこうやってヤラセで事件作って番組盛り上げていたんだろうけれど、その内容がもたらす結果についてまで責任負うつもりは無かったんだね》
《「誹謗中傷を繰り返すのはやめよう」などと情緒的に、制作者の責任を曖昧にしていい問題ではなく、放送倫理の問題》
《この子はプロレス界では逸材だった。フジテレビをはじめ、この番組の制作にかかわった人々はどのように責任をとるのか》
《制作側の事実確認と責任追及をさらに徹底すべきです》

関連カテゴリー: