菅田将暉の歌手業が好調と話題 チケット争奪戦、ドーム期待も

俳優で歌手の菅田将暉(26)が5月20日、都内で行われたフジテレビ系連続ドラマ「パーフェクトワールド」のスペシャルイベントに参加。主題歌「まちがいさがし」を初めて生披露したと、各スポーツ紙が報じた。

 

同曲は昨年「Lemon」で大ヒットした米津玄師(28)が作詞・作曲・プロデュースを手がけたミディアムナンバーだ。

 

各紙によると、事務所先輩でドラマ主演をつとめる松坂桃李(30)の前で生歌披露した菅田は「米津(玄師)君が作ってくれた曲っていうのもありますし。この緊張感が楽しみ。初めて歌う場に桃李君がいるのが、ストーリーがあっていいなと思います」と笑顔をみせたという。

 

同曲は27日付のオリコン週間デジタルシングルランキング(13~19日)で、初週9.9万ダウンロードで売上初登場1位を獲得している。

 

「もちろん菅田さんは俳優としても超多忙な日々を送っています。大作映画『アルキメデスの大戦』が7月26日に公開を控えているので、これからプロモーションに飛び回ることになるでしょう。そんななか、さらに音楽方面でも高く評価されています」(映画業界関係者)

 

今年の夏は音楽活動に力を入れるようで、7月10日に自身2枚目となるアルバム「LOVE」を発売。また8月24日からは全国東名阪福4か所5公演のZeppツアーを開催すると発表した。

 

「チケットはすさまじい倍率になりそうですが、今の菅田さんならもっと大きな会場でやっても埋まるはずです。ファンのためにも単独での日本武道館や横浜アリーナ、さらには全国各地のドームでの公演が期待されています」(芸能記者)

 

歌手としてもさらなるステップアップを目指すことになりそうだ。

関連カテゴリー: