YOSHIKIは連日中止訴え…コロナ対応に揺れるファンの胸中

新型コロナウイルス問題に日本中が揺れるなか、X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)がTwitterでコンサート中止を呼びかけ続けている。

 

2月29日には無観客のイベント開催を断ったとツイートし、《ファンの安全はもちろん、スタッフ及びメンバーの安全も大切だから》とコメント。3月1日には《コンサートをキャンセルすることが、どれだけ大変な事なのかを、多分自分は知ってる。だけど今の状況は、選択肢とかじゃないような気がする》と冷静な判断を呼びかけた。

 

さらに3日にも《自己責任っていう問題じゃないと思うよ。批判じゃないよ、批判している時間なんかない。戦っているのは、対人じゃ無くて、対ウイルス。今後みんなで助け合う方法を考えようよ》と訴えかけている。

 

SNS上では、YOSHIKIの呼びかけを支持するコメントが寄せられている。

 

《YOSHIKIさんの勇気ある呼びかけに賛同します!》
《YOSHIKIさん何度も何度もありがとう! 冷静な行動を心がけます》
《本当におっしゃる通り、命が1番大事だもんね》

 

コンサートを自粛するアーティストが目立つなか、予定通り公演を行うアーティストもいる。

 

東京事変は2月29日、東京国際フォーラムで観客を入れてのコンサートを敢行。中止や延期を選択するアーティストが多いなかでの行動に、賛否の声が上がっていた。また同日には打首獄門同好会が、Zepp Tokyoで無観客ライブを行いネット配信していた。

 

興行が中止になった場合、アーティスト側には莫大な損害がのしかかってくる。感染症の流行は興行中止保険の対象外であることが多く、個人事務所の場合は致命的なダメージにもなりうる。そのため、ファンからは次のような心配の声も上がっている。

 

《個人事務所のライブ中止のやばさ理解してほしい》
《ここまでの背景を考えると、正解といえる正解は果たしてあるのか》

 

コンサート開催の是非について、アーティストは難しい決断を迫られている。

関連カテゴリー: