森泉「お寺でBBQ」に大ヒンシュク!再び浮上したご近所問題
誕生日当日、来客に笑顔を見せていた森泉。 画像を見る

「ヤダぁ! ウソでしょう!」

 

東京都内にある寺院から聞こえてきたのは、タレント・森泉(38)の楽しげで大きな笑い声だった。

 

この寺院の住職と森が結婚したのは’18年3月。その後、女児にも恵まれた。彼女はインタビューで結婚のきっかけを語っている。

 

《初めてのペットの死で、困っていたときに相談に乗ってもらい、お葬式もしてくれたんです》(『anan』’18年9月5日号)

 

それをきっかけにして、森はペット霊園も営む由緒ある寺院に、30匹というペットとともに嫁ぐことになったのだ。

 

森といえば、10月17日に所属事務所オスカープロモーションを退所したことを発表して話題を集めたことも記憶に新しい。

 

その翌日の18日は彼女の38歳の誕生日。当日は本堂の隣に建て増しされた自宅の屋上でバーベキューを行ったようだ。境内には森の家族や来客たちの歓談の声が響くとともに、肉や野菜が焼ける香ばしい匂いが漂い、宴は日が落ちるまで続いていた。

 

誕生日と再出発を祝うひとときだったが、実は一部で大ヒンシュクを買っていたのだ。寺院の近所に住む主婦は本誌にこう語った。

 

「一般的にお寺といえば静かなイメージですが、このお寺からは飼っている豚やオウムの鳴き声も響いてきますからね……。ご住職は古い車(※クラシックカー)が好きらしく、すごい音を立てて運転しているので、驚くこともあります。それに、そもそもお寺でお肉とか焼いていいものなのでしょうか?」

 

次ページ >17年にはペットの“異臭問題”も

関連カテゴリー: